ルビー・マーケティング 株式会社

TEL 03-6435-1212

BLOG

Google出身ルビー・マーケティングのスタッフがオンラインマーケティングに役立つ情報を執筆中。
マーケティング全般、広告運用のこと、そしてYouTubeのことまで。今すぐ役立つ記事満載!

マーケター、デザイナー必見!2015流行色と仕事で使えるカラーツール

プレゼンテーション0

 


 

年末になるといろいろな情報が流通しますよね。流行語大賞、今年の漢字などの1年を振り返る情報。また来年の情報も様々発表されます。わたしが毎年チェックしているのはPantone(パントン)の流行色、カラートレンドです。100年企業が多い日本。その100年の歴史ある企業でも進化をしなければ生き残れないとよく聞きます。時代遅れはビジネスに悪影響を及ぼす。時代遅れにならないためには、先の情報を入手しそれを処理していくことが重要です。来年イケてるビジネスウーマン・ビジネスマンになるためにも流行色をチェックしておきましょう!

 

PANTONE(パントン)発表の2015年の色

pantone color1
 
毎年12月にPANTONE社(パントン)が発表している来年の色。2015年の色は「Marsala(マルサラ)」です。明るいブラウンで少し赤みが入っています。
 
pantone color2
PANTONE COLOR OF THE YEAR 2015

気になるカラーコードは下記の通り。パワーポイントにはRGBを、Web制作にはHEXカラーを使いましょう。色使いに迷ったら、とりあえず使ってみましょう。デキるビジネスマンを装えること間違いなし!

RGB: R150、G79、B76
HEXカラー: #955251
 

2015年春夏のファッションカラー

pantone fashion1
 
ウィメンズ、メンズとそれぞれ10色が発表されています。共通しているのは、Classic Blue、Toasted Almond、Marsala、Glacier Grayの4色で、他は違いがあるのでサイトをチェックして来年のトレンドに乗る準備をしましょう!
 
pantone fashion2
PANTONE Fashion Color Report – Spring 2015

色のトレンドを把握したら、今度はその色を使うめのツールを3つ紹介します!
 

使えるカラーツールその1:カラーピッカー

Webサイトを見ていて、「この色のカラーコードを知りたい!」って思うことよくありますよね?そんなときのためのGoogle Chrome拡張機能です。デザインツールなどによくあるスポイトのような機能で、気になる色をクリックしてカラーコードを抽出します。
 
カラーピッカー
 
ColorPick Eyedropper
Eye Dropper
 

使えるカラーツールその2:カラー配色ツール

使いたいメインカラーが決まったら、それ以外にサブカラーやアクセントカラーをどうするか悩みますよね。そんなときに使うのがAdobe Color CC (※Adobe Kulerから名前が変わっている!)。モノクロマティック、捕色などさまざまなパレットを呼び出すことができるので、色使いに悩む時間は確実に減らすことができるでしょう。
 
Adobe Color CC
 
Adobe Color CC (Adobe Kuler)
ウェブ配色ツール
 

使えるカラーツールその3:サイトの配色抽出

デザイが優れているホームページ、競合のホームページなど、他のホームページのデザインを参考にすることがあると思います。そんな時にはホームページ全体で使われている色を自動抽出するツールを使いましょう。見ているだけでも面白いので、気になるサイトああればURLを入力してみてくださいね。
 
Colours
 
Colours
Web Site Color Picker
 

まとめ:2015年は「色を制したものがビジネスを制する!」

ホームページやスマートフォンアプリのデザインなど、最近はすごくシンプルなものが流行しています。これをマテリアルデザインやフラットデザインなどと言って、シンプルな分、カラー選び方もスゴく大事になってくるのではないでしょうか。流行を知るための情報源と、それを活用するためのツールを合わせ技で紹介しました!皆様のビジネスのお役に立ちますように!

 
シェア誘導バナー


The following two tabs change content below.
小笠原弘充
・セミナー講師としてSEMの啓蒙活動を行う! ・SEM事業部を複数会社で立ち上げ成長させる! ・ネットワーク監視、サイト制作、EC運営など経験! ・名前は「弘充」、広く満たすことが自己ミッション!

 

Webからのお問い合わせお問い合わせはこちら
記事一覧へ戻る
2014-12-17 | Posted in マーケティングNo Comments »