ルビー・マーケティング 株式会社

TEL 03-6435-1212

BLOG

Google出身ルビー・マーケティングのスタッフがオンラインマーケティングに役立つ情報を執筆中。
マーケティング全般、広告運用のこと、そしてYouTubeのことまで。今すぐ役立つ記事満載!

Googleトレンドでいろいろ調べてみた!Google検索数トップは「yahoo」?

060001cd8d6f2581ec08e0c9e5622a7d_s

 


 

2015年1月もあっという間に半月も経過してますね。
年々時間の経過が早く感じられるようになり、情報量も通信速度もスピードアップし、トレンドの移り変わりもどんどん早くなってきているような気がします。
今回は、前々回のブログで紹介したGoogleトレンドを使っていろいろ見てみましょう。

Google トレンドhttp://www.google.co.jp/trends/?hl=ja

 

【Googleトレンド】

Googleトレンドとは検索キーワードの検索数推移を見る事のできる無料ツールです。

Googleトレンド
なんと、「Year in Search 検索で振り返る2014」ボタンがありますね。
振り返りましょうとあるので、振り返ってみましょう。
 

【日本における2014年のGoogle検索ランキング】

Googleトレンド2
総合カテゴリ1位
yahoo

これはよく言われてますが、未だに続いている事が驚きですね。
検索からアプリへと、行動が簡略化されていく中、未だに検索サイトから検索サイトへ移る事が
これだけ行われているというのは意外ですね。

総合カテゴリ2位
youtube

総合カテゴリ3位
facebook

こちらも今ではPCではブックマークされ携帯電話ではアプリから使うのが一般的になってきているかと思ってましたが、そうでもないようですね。

それでは、実際の検索数推移を見てみましょう。
 

【ランキング総合トップ3の検索動向を探る】

Googleトレンド3

どのキーワードも認知度が非常に高いキーワードであり、また前述の通り、アプリでページを開く事が
増えてきているはずなので総じて検索数は減るかと思ってましたが、「youtube」は増加傾向に
あるようです。YouTuber効果でしょうか?
また、ニュース動画なども活発になってきているので、情報取得におけるスタート地点と捉える方も
でてきているのかもしれませんね。

ちなみに「すべての国」での状況を見てみると

Googleトレンド4

「yahoo」という検索はあまりされていないようですね。

それにしても「yahoo」と検索している人たちはどこで検索されているのでしょうか。
地域別の人気を見てみましょう。

Googleトレンド5

大きな差はないようですが、「東京」「大阪」が無い!
また、トップ10都道府県の8割が西日本でした。
Googleとyahoo!の広告を限りある予算で全国的に打ちはじめたい際は、思い切って地域ごとに
分けてもよいかもですね。

ちなみに、Googleトレンドでは通常のGoogle検索以外の検索方法(画像検索やYouTube検索等)でもデータを閲覧する事ができます。

Googleトレンド6

なんと、YouTube上でも「youtube」と検索され続けているようです!
実際にYouTubeで検索してみれば、検索結果から何か見えるかもしれません。

Googleトレンド7

検索結果1~3位は妥当ですが、4位はニュースで話題になっている動画となってます。
消費者はこのような情報を探しているのでしょうか?
短期的に閲覧数が激増しているにしてもこの動画が上位にあがるのはどうかと思いますね。。

更に、検索結果1ページ目に20程動画が表示されておりますが、タイトルの中に「YouTube」と入力されている動画は4動画のみでした。
通常の検索と比べると視聴維持率等、動画情報を含めた複雑なアルゴリズムなのかもしれないですが、結構YouTuberの動画が出ているのが気になります。
やはり人気なのでしょうね。

話をGoogleトレンドに戻します。

Googleトレンドには「カテゴリ」という枠でも情報が取れるようなので、使ってみましょう。
今回は「旅行」にしてみましょう。

Googleトレンド8

下がりつつも相変わらず「yahoo」トップですね。
しかし、なぜGoogleで「Yahoo」を検索するのか画面を下げると少し見えてきました。

Googleトレンド9

キーワードごとの「関連キーワード」を見る事ができるのですが、
ホテル
路線
トラベル
時刻表

と、きちんと用途がありますね。

Yahoo!には沢山のサービスがあり、実は2回検索サイトを回るという事ばかりでなく
それぞれのサービスを探されているのかなと何となく納得できました。
Yahooのサービスは使いやすいという話はよく聞きますしね。
 

【まとめ】

いかがでしょうか?
暇なとき、YouTube動画やテレビをなんとなく見たりするのではなく、こういった
ツールを使いながらふらふらとデータを見るのは楽しいものです。
いつか、具体的なマーケティングでの活用についても書ければと考えております。
それではまた。
 
シェア誘導バナー


 

Webからのお問い合わせお問い合わせはこちら
記事一覧へ戻る
2015-01-16 | Posted in ライフNo Comments »