ルビー・マーケティング 株式会社

TEL

BLOG

Google出身ルビー・マーケティングのスタッフがオンラインマーケティングに役立つ情報を執筆中。
マーケティング全般、広告運用のこと、そしてYouTubeのことまで。今すぐ役立つ記事満載!

もう遅い?!ゴールデンウィークの旅行予約傾向を分析してみた

gw_trip

 


こんばんは。小笠原弘充です。
年末年始の休日はもう過去の思い出。過去にすがるのは男らしくない。なので新たにゴールデンウィーク旅行の夢を見て、2月末にキャンプ場の予約を始めた時のことです。
「お客様のご希望の宿泊予約は満杯、または空き不足により、お受けすることができませんでした。またの機会に、よろしくお願いいたします。」
こんなにも早くアクションをとったのに予約が取れない?!いったいどうなっているんだ?こんな時に便利なのが、GoogleキーワードプランナーやGoogleトレンド!競合の検索状況を把握し今後の対策を考えることにしました。


 

みんなゴールデンウィーク何するの?


まずはゴールデンウィークについて、どんな検索をしているか傾向を把握することから始めます。Googleキーワードプランナーにキーワード「ゴールデンウィーク」を入力して検索。抽出したのは2014年1月から12月の平均値です。上図は「ゴールデンウィーク」という単語を含む関連キーワードの検索数トップ10ですが、ほとんど旅行に関連したキーワードとなっており、「旅行」「イベント」「穴場」「沖縄」などのキーワードと組み合わせた内容です。他には「映画」や「デート」などとの組み合わせなど皆さん浮足立ってどこかに出かけようとするのが大半のようですね。
 

いつ頃からプランニング(検索)を始めるの?


「ゴールデンウィーク 旅行」というキーワードの検索推移がどうなっているのかを確認しました。なんと12月半ばに検索をしているユーザがいることを発見しました!クリスマスや年末年始のお休みも始まっていないのに、半年後のゴールデンウィークの検討を始めているんですね。わたしが予約を取れなかったのは、しっかりしたプランナーが居るからなんですね。

新年が始まって検索数は横ばいに推移しています。小さい山が現れるのは3月のあたま。その後はグワッ!とゴールデンウィークまで検索数は右肩上がりとなります。そしてゴールデンウィークが終わるとストンッと需要が無くなります。私がキャンプ場の予約を開始したのが2月末。トレンドより先に手を動かしたのは確かでしたが、わたしの競合はもっと違う動きをしてたことがわかりました。
 

行き先によって検索時期は変わるのか?


「ゴールデンウィーク 国内旅行」と「ゴールデンウィーク 海外旅行」の検索の推移を確認してみました。Googleトレンドはこのようにキーワードの比較もできるんですね。青い折れ線が国内旅行、赤い折れ線が海外旅行です。
海外旅行のユーザは1月から検索を始めています。3月の2週目には検索数が一旦落ちているので、1月から3月にプランは決定してしまう傾向にあるのでしょう。国内旅行はグワッと来ますね。3月の2週目くらいから4月の3週目くらいまで堅調に増加します。国内旅行の場合には、今くらいからプランを皆さん始めているのでしょう。
 

いつ予約を開始すれば良いのかが分かった!

ゴールデンウィークの旅行プランニングの傾向がわかってきました。海外旅行を考えるのなら年初からプランニングを開始しなければなりません。国内旅行を考えるのなら3月2週目くらいから開始するのが市場の動きです。ゴールデンウィークに人気なキャンプ場を予約したいのであれば、年明けには動かないと駄目なんでしょうね。これらのツールはGoogleから無償で提供されています。市場の動きを読む時に便利なので色んな場面で使ってみてください!
 

【まとめ】過去の検索を分析し、有益なユーザを見つけ出せ!

過去の取引を分析し、最も有益な顧客層を見つけ出せ
~ジェイ・エイブラハム~

引用:http://systemincome.com/9273
 
過去のユーザ検索と行動には、予測可能な相関関係があります。過去のデータを分析することで、次のことを予測してみましょう。
 
検索広告の市場は「ユーザ」「競合サイト」「自社の予算」など、沢山の変数で大きく揺れ動いています。傾向を予測し先回りすることでマーケットの勝者に近づくことができるはずです。
 
 
シェア誘導バナー


The following two tabs change content below.
小笠原弘充
・セミナー講師としてSEMの啓蒙活動を行う! ・SEM事業部を複数会社で立ち上げ成長させる! ・ネットワーク監視、サイト制作、EC運営など経験! ・名前は「弘充」、広く満たすことが自己ミッション!

 

Webからのお問い合わせお問い合わせはこちら
記事一覧へ戻る
2015-03-05 | Posted in マーケティングNo Comments »