ルビー・マーケティング 株式会社

TEL 03-6435-1212

BLOG

Google出身ルビー・マーケティングのスタッフがオンラインマーケティングに役立つ情報を執筆中。
マーケティング全般、広告運用のこと、そしてYouTubeのことまで。今すぐ役立つ記事満載!

空中に絵が描ける!? 〜スクリーンレス空中3Dディスプレイ〜

197140628_624

 


スターウォーズでダース・シディアスが3Dで登場してダース・ベイダーに指示を出すシーン、多くの人が見覚えありますよね。映画ではなんだか簡単に映し出されていますが、現実にできるようになるにはもう少し時間がかかるかと思っていました。ですが、今回ご紹介する技術を応用すれば投影も可能になるかもしれません。
ということで、今回はスクリーンレスで空中に3Dの映像を映し出す技術についてです。

 

果たして、その構造は?どのように操作するのか?

スクリーンレス空中3Dディスプレイとそれを開発した「バートン」について「DIGINFO TV」は以下のように報じています。

 

バートンは空中に文字や絵を描画できる空中3Dディスプレイをデモンストレーションしました。同社はプラズマ発光という現象をディスプレイに応用することで、日中野外でも映像を空中に表示できるこの技術を開発しました。

“他のディスプレイとの最大の違いはスクリーンレスディスプレイであることです。スクリーンのいらない大気中に文字や絵を描画できる唯一の装置であることです。”

“なぜこのディスプレイを開発しようと思ったかというと、震災があった時、文字を空中に書けたらいいんじゃないかという発想でした。それで、空気中にどうやって文字を書こうかと思った時に、プラズマ発光という現象を使おうと考えたところが他との違いです。”

バートンはこの技術を防災向け用途に使うことで、災害時、どこに避難したらいいかとか、どこに食料があるか、と言った避難/災害情報を音と一緒に文字で空中に表示することで情報の伝達を早めることを考えています。さらに、スクリーンレスディスプレイを使ったサイネージ(広告)への応用も視野に入れています。

“製品化は、今日見ていただいたような車載化で、自分たちにあったように車体に改造して3Dディスプレイにあった車にして、要望のある場所に移動し、ディスプレイを見ていただき情報を流すことを考えています。来年早々くらいにやりたいと思います。”

バートンでは装置の車載化が重要と考えているほか、技術の認知度を高める意味から海外展開も考えています。

 

 

離れていてもすぐそこに会いたい人が!

この技術がより発展すれば、すべてのスクリーンを持つガジェットがその姿形を変えるかもしれません。また、離れて暮らしている家族や、友人がすぐそこにいるかのように(スクリーン以上のリアル感で)コミュニケーションを取ることも可能になるでしょう。

それではまた明日!

(ソース)

 
シェア誘導バナー


The following two tabs change content below.
TAKU

TAKU

靴、本、映画、音楽を愛しています。LOVEです。自分の趣味に関連することや、斬新でイノベーティブな製品やサービス、オンラインマーケティング、コンテンツマーケティングといった分野の記事を書かせて頂きます。

 

Webからのお問い合わせお問い合わせはこちら
記事一覧へ戻る
2014-11-13 | Posted in TechNo Comments »