ルビー・マーケティング 株式会社

TEL 03-6435-1212

BLOG

Google出身ルビー・マーケティングのスタッフがオンラインマーケティングに役立つ情報を執筆中。
マーケティング全般、広告運用のこと、そしてYouTubeのことまで。今すぐ役立つ記事満載!

10代をターゲットにするなら、 腹落ちしない施策こそ検討すべきだという話

6f8064a327efbbfff2d9b5db5b0e8f53_s

 


 

多くのマーケターの皆さんは20代~30代ではないでしょうか。その中でも、企業のミッションやゴールに沿ってマーケティングゴールを策定し、実際の施策に落とし込み結果を分析するPDCAを回し
成果を上げているマーケターは一流と言えるでしょう。しかし、もしターゲットユーザーが10代なのであれば時に自分には理解出来ない施策やクリエイティブも検討する方が良いと考えています。少しだけ事例を挙げながら見てみましょう。

 

 

「今あなたの周りで流行っているSNS は何ですか?」【日本編】

たぶん、私達 (20代~30代のIT もしくは広告業界の人間) はこんな風に答えるでしょう。
「うーん、流行っているというか、マストなのはFacebook とLINE だよね。Twitter もヘビーに使っている人はいるけど飽きて放置している人も多いかな。外資系の友達は Linkedin もきっちり書いてたりするね。」
この感覚で広告戦略を考えると、ソーシャルはFacebook 広告とLINE、Twitter ということになるのでしょうが、本当にそれだけで良いでしょうか。
10代に聞いてみましょう。「んー、LINE はやるっしょ。でも他にも色々やる。MIX CHANNEL とかー、ツイキャスとかー、かまちょとか?」
ダウンロード数を調べると、100万規模なのですが、業界人でも意外と知らないことも多いこうしたアプリ。実際にダウンロードしてみても特異性や面白さというものを完全に理解することは難しいと思います。しかし、実際にこうしたSNS が10代にウケているという事実があるのです。必ずしもその時々の10代に流行しているサービスが広告媒体の機能を持っているとは限りませんが、ユーザー回遊を目的としたコラボレーションや、各プラットフォーム内のインフルエンサーを起用した施策に検討の余地はありそうです。
 

「今あなたの周りで流行っているSNS は何ですか?」【アメリカ編】

アメリカでも同じ質問をまず20代~30代に投げかけてみましょう。
「Let’s see… Facebook, Instagram, Twitter… Oh maybe the youth uses Vine. (うーん、そうだね。Facebook、インスタグラム、Twitter かな。ほら、若い人はVine とかも使うのかな?)」やはりいまいち10代の気持ちがわかっていないようです。10代に聞くとこうなります。「Yeah, I still log in Facebook, but getting a little tired. We love closed “secret” SNS such as Snapchat or sometimes communicate with unknowns using Whisper. (Facebook もログインはするよ!でもちょっと疲れてきているかな。友達とだけ秘密のやり取りをするのにSnapchat 使ったり、知らない人とWhisper をやるよ。)」
SNS 疲れの筆頭に挙げられるFacebook ですが、米Forrester 社の調査によればFacebook もまだまだ利用されています。新しいSNS の台頭があっても、Facebook は流行に流されない生活に根付いたサービスへ昇華しているのかもしれません。一方で流行としては、送ったメッセージが数秒で消える「Snapchat」 をはじめとする “秘密のSNS” が増えてきています。上でご紹介した「Whisper」 は日本初のサービスで言えば「メッセージバード」のように、知らない人とコミュニケーション出来るSNS として人気があります。

例としてSNS を挙げましたが、他にも当ブログでも以前ご紹介した、米国の10代に人気の有名人TOP5は全員YouTuber だったという話も20代以上の感覚では驚きではないでしょうか。(ジョニー・デップよりも、ブラッド・ピットよりも、PewDiePie* の方が人気なんですよ!)このように、10代の嗜好や流行は我々の感覚値と大きく異なる場合が往々にしてあります。ですので、マーケティングプランを考える際には是非、実際に10代にヒアリングを行い、意見を積極的に取り入れる姿勢が必要だと考えております。また、感覚に頼るのではなく、データや数字を元に、10代の嗜好や流行を可視化して施策を打ちましょう。

*PewDiePie = チャンネル登録者数3,000万人超のトップYouTuber

それではまた明日!
 
シェア誘導バナー


The following two tabs change content below.
中山顕作

中山顕作

大田区生まれ。智弁和歌山高校卒業後、東京大学理学部・同修士課程で固体化学を学ぶ。修了後、Google 日本法人にて広告営業に従事。2012年にはGoogle 初となるモバイルアプリ業界専任の営業チームを立ち上げ、アジア太平洋地域を管轄、同部署の年率100% 以上の成長を牽引した。2014年6月よりルビー・マーケティング株式会社に参画し、営業と新規事業を率いる。特に日本から海外へ進出する際のマーケティング支援と、YouTuber を起用したプロモーションに注力する。

 

Webからのお問い合わせお問い合わせはこちら
記事一覧へ戻る
2014-11-27 | Posted in YouTuberNo Comments »