ルビー・マーケティング 株式会社

TEL 03-6435-1212

BLOG

Google出身ルビー・マーケティングのスタッフがオンラインマーケティングに役立つ情報を執筆中。
マーケティング全般、広告運用のこと、そしてYouTubeのことまで。今すぐ役立つ記事満載!

社内研修のメリット&デメリット

社内研修のメリット、デメリット

 


当ルビー・マーケティングでは、リスティング運用内製化に向けたトレーニング研修を、企業様に向けて提供するというサービスを行っています。企業経営において、「人材育成への投資」は多く割かれる重要な部分になると思います。企業にとっては、なるべく投資をせずに、人材は育成していきたいもの。

そこで今回は、企業内研修、社員教育、人材トレーニングにおいて、「社内研修」と「社外研修」のメリット・デメリットを考えていきたいと思います。


社内研修のメリット

社内の優秀な社員や先輩のノウハウや知識を、研修費用をかけずに共有することができます。それにより、費用を抑えつつ自社内特有のフローややり方も同時に教育することができ、研修時間の短縮にも繋がります。

研修実施プランも柔軟に、かつスピーディーに立てることができます。

「安価」
「柔軟」
「スピーディー」

社内研修のデメリット

社内の人間が研修を企画したり、講師になるため、どうしても「フレッシュさ」「新鮮味」に欠けやすく、受講者のモチベーションが上がり切れなかったりする傾向にあります。(=ダラけてしまう)

また、受講者は上司や他部署の人間の言うことを素直に受け入れない傾向にあるので、実際の業務の結果などに反映させるのは難しくなるでしょう。

「刺激がない」
「素直になれない」
「結果に繋がりにくい」社内研修のメリット、デメリット1

社外研修のメリット

社外の人間(=その道のプロの講師)を招いて企画できるので、受講者にとっては、非常に「新鮮」です。社内とは違ったものの見方や考え、知識を持った人間からそれまでになかった発想やスキルを学ぶことができます。このような講師は、実践でもかなりの最前線で働いている方が多いので、最新の情報や経験を吸収することができやすいでしょう。

また、普段話さない人間のトークですと、人間はより耳を傾ける傾向にあるようです。(もちろん、トーク内容が興味深いかどうかも重要でしょう)

「新鮮」
「刺激的」
「モチベーション向上」

社外研修のデメリット

社外から講師にお願いして来てもらうのですから、やはりコスト面ではお値段がかかってしまうでしょう。有名な講師に依頼するとなったら尚更です。また、セミナー研修に参加するとなると、1人1日参加で、〇十万円なんていうセミナーもざらにあります。

また、社外の人間がやることなので、どうしても社内のルールや意図に合わない内容を話す方もいるかもしれません。大まかなアジェンダや企画内容は事前に打ち合わせできたとしても、その講師のパーソナリティ(話し方や進め方など)をコントロールすることは難しいでしょう。

「高コスト」社内研修のメリット、デメリット2
「スキルを得られた錯覚に陥りやすい」
「Uncontrollable」

このように、社内研修・社外研修どちらにもメリット&デメリットが存在しますので、両方を効果的に使い分ける研修方法が良いでしょう。社外研修で最新情報や刺激を得て、その外部から得た知識や体験を社内で広めたり、ディスカッションしてみたりする。もし、外部で研修を受講してきたら是非とも社内で共有(シェア)して頂けたらと思います。社外研修を体験してきた社員が社内研修を実施する、なんていう企画も良いかと思います。

バランスよく研修(トレーニング)を組み合わせることが重要になってくるでしょう。


 

Webからのお問い合わせお問い合わせはこちら
記事一覧へ戻る
2015-03-10 | Posted in 採用No Comments »