ルビー・マーケティング 株式会社

TEL

BLOG

Google出身ルビー・マーケティングのスタッフがオンラインマーケティングに役立つ情報を執筆中。
マーケティング全般、広告運用のこと、そしてYouTubeのことまで。今すぐ役立つ記事満載!

【完全版】GoogleアナリティクスのURLパラメータの使い方と設定方法

【完全版】GoogleアナリティクスのURLパラメータの使い方と設定方法

 


GoogleアナリティクスのURLパラメータ設定方法ですが、定義した値がこれで正しいのか気になったりしませんか?使い方は巷に沢山溢れていますが、設定方法をきちんと定義してくれているサイトは少ないように感じます。

設定が誤っていると、Googleアナリティクスに正しくデータが溜まりません。「せっかく設定したのに使いものにならない!」なんてことは避けたいですよね?使い方から設定方法まで、完全版としてまとめ上げました!

GoogleアナリティクスのURLパラメータとは?

アクセス解析ツールでは、ユーザがどのサイトから訪問したのかデータを取得することができます。しかし、Yahoo!プロモーション広告を始めるとYahoo / Organic からの流入として計測されてしまい、広告からの集客なのか、自然検索からの集客なのか判断がつきません。

そのため、広告媒体へ出稿する際にはパラメータをURLに追加し、媒体からの集客であることを把握できるようにします。Googleアナリティクスでは、UTMパラメータという定義があるのでそれをきちんと把握し設定しておきましょう。

 

GoogleアナリティクスのUTMパラメータ一覧

utm_sourceでは参照元を設定します。参照元とはトラフィックの流入元で、今見ているサイトからトラフィックが発生すれば”rubymarketing.jp”が参照元となります。検索エンジンであれば、googleやyahooなどです。

また、utm_mediumではメディアを設定します。メディアとは、自然検索(organic)、クリック単価による有料検索(cpc)、ソーシャルメディア(social)などです。

下記は、設定可能なUTMパラメータです。また、GoogleのヘルプにはURL生成ツールが用意されています。これは、各項目を入力することでパラメータ付きのURLを発行してくれるので覚えておきましょう。

パラメータ用途
キャンペーンの参照元
(utm_source)
必須。 utm_source では、検索エンジンやニュースレター名などの参照元を指定します。
例: utm_source=google
キャンペーンのメディア (utm_medium)必須。utm_medium では、メールや CPC 広告などのメディアを指定します。
例: utm_medium=cpc
キャンペーンのキーワード (utm_term)有料検索で使用します。有料検索広告のキーワードをトラッキングするには、utm_term を使用します。
例: utm_term=ランニング+シューズ
キャンペーンのコンテンツ
(utm_content)
A/B テストやコンテンツ ターゲット広告で使用します。utm_content を使用して、同じ URL を参照する広告とリンクを区別します。
例: utm_content=logolink または utm_content=textlink
キャンペーン名
(utm_campaign)
キーワード分析で使用します。utm_campaign を使用すると、特定商品のプロモーション キャンペーンや戦略的キャンペーンを識別できます。
例: utm_campaign=春のセール

このうち”utm_source”と”utm_medium”はパラメータ設定するとき必須項目となります。

しかし、ここでメディアをどう定義すれば良いのかで悩みます。

mediumに対してydnと設定する代理店や広告主もありますがそれではダメです。どう設定すれば良いか解説しましょう。

 

MCF チャネル(MCF チャネル グループ)について

UTMパラメータの設定定義をきちんと説明してくれるページがGoogleヘルプには存在しなかったので悩んでいたのですが、関係性のあるページを発見しました。それがマルチチェネルグループです。

Googleアナリティクスには、マルチチャネル分析用の機能があります。そのヘルプページには下記の通り、参照元がどのように定義されているかが記されています。

チャネル説明
ディスプレイメディアが「display」か「cpm」の操作。広告配信ネットワークが「コンテンツ」に設定されている AdWords の操作も含まれるが、広告フォーマットが「テキスト」の操作は含まれない。
有料検索AdWords 検索ネットワークなどの検索エンジンからの流れ(メディアが「cpc」か「ppc」の場合)。
他の広告「cpc」、「ppc」、「cpm」、「cpv」、「cpa」、「cpp」、「content-text」、「affiliate」のメディアのタグが設定されているセッション(有料検索は除外)。
オーガニック検索任意の検索エンジンによる無料検索からの流れ(メディアが「organic」の場合)。
ソーシャル ネットワーク約 400 のソーシャル ネットワークからの流れ(広告としてタグが設定されていない場合)。
参照ソーシャル ネットワーク以外のウェブサイトからの流れ。
メール「email」メディアのタグが設定されているセッション。
ノーリファラーウェブサイトの URL をブラウザに入力したか、ブックマークからサイトにアクセスしたユーザーによるセッション(参照元が「(direct)」、メディアが「(not set)」または「(none)」の場合)。

※MCF チャネル(MCF チャネル グループ)について

マルチチャネルのコンバージョン概要図

utm_source=ydn&utm_medium=cpcと設定されているアカウントを確認すると、有料検索としてデータが計上されてしまいます。そもそもメディアcpcはクリック単価広告( Cost Per Click )の意味ではなく有料検索として定義されています。

このMCFチャネルの定義を使えってUTMパラメータの設定を行うことで、マルチチャネル分析から媒体、メディアなどミクロな分析まで追える環境が用意できます。

※また、マルチチャネルのラベルは作成も可能です。しかし、今回は初期定義があるもので設定を目的としているので割愛します!

GoogleアナリティクスのURLパラメータ設定事例

さぁ、材料は揃いました!

”utm_source”は参照元、もしくは媒体を定義します。また、”utm_medium”はMCFチャネルの定義を利用しパラメータを設定しましょう。下記はURLが”http://rubymarketing.jp/”の場合の事例です。

・Yahoo!プロモーション広告 スポンサードサーチのパラメータ設定

http://rubymarketing.jp//?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc

・Yahoo!プロモーション広告 YDNのパラメータ設定

http://rubymarketing.jp//?utm_source=yahoo&utm_medium=display

・他ディスプレイ広告やDSP

http://rubymarketing.jp//?utm_source=媒体名&utm_medium=display

・アフィリエイト(a8.netの場合)

http://rubymarketing.jp//?utm_source=a8&utm_medium=affiliate

※ただし、referrerとして計測されなくなるため、流入元のURLがわからなくなる。

・純広告(バナー Yahoo!のログインパネルなど )

http://rubymarketing.jp//?utm_source=yahoo&utm_medium=banner

 

まとめ

GoogleアナリティクスのUTMパラメータの使い方に関する情報を探したところ、定義や事例などがきちんと示されているサイトに出会うことが出来ませんでした。しかし”でぶてて”さんのサイトを違う用事で見ていたらきちんとまとめられていたのです!

【まとめ】Googleアナリティクスのカスタムキャンペーンのケーススタディ

「オーガニックサーチで出てこいやぁ!」とかモヤモヤしながら、この「事例」と「使い方」と「理由」をきちんと伝えられたらと思いまとめました。事例に関してはでぶててさんのサイトの方が、より詳細にまとめられています。


Googleアナリティクスにそこまで詳しくなくて、パラメータ設定をしなければならない人にこの情報がきちんと届いて、悩みが解消できれば幸いです。

 

シェア誘導バナー


The following two tabs change content below.
小笠原弘充
・セミナー講師としてSEMの啓蒙活動を行う! ・SEM事業部を複数会社で立ち上げ成長させる! ・ネットワーク監視、サイト制作、EC運営など経験! ・名前は「弘充」、広く満たすことが自己ミッション!

 

Webからのお問い合わせお問い合わせはこちら
記事一覧へ戻る
2015-02-09 | Posted in 広告運用No Comments »