ルビー・マーケティング 株式会社

TEL

BLOG

Google出身ルビー・マーケティングのスタッフがオンラインマーケティングに役立つ情報を執筆中。
マーケティング全般、広告運用のこと、そしてYouTubeのことまで。今すぐ役立つ記事満載!

ウェブマーケティングとは vol.2

ウェブマーケティング

 


今回で第2回目となりますが、ルビーマーケティングが考える、ウェブマーケティングについてお話をさせて頂ければと思います。前回の話では、ウェブマーケティングとは「ウェブ」を活用した「マーケティング」活動であると定義し、マーケティングは”会社の売上を最大化する為に行う施策”とお話をさせて頂きました。更に、会社の売上を最大化するという目的を達成するため、目標を設定させて頂きました。
詳しくご覧になりたい方は、前回の記事 をご覧いただければと思います。
今回は前回ご紹介した目標が、ユーザーの購買行動のどこに紐づいており、それがどのウェブマーケティング施策で達成できるのかをお話してきたいと思います。

 

<ユーザーの購買行動に関して>

購買行動分析したモデルはさまざま存在します。まず、その代表的なものを2つ紹介したいと思います。

■ AIDMAモデル

ウェブマーケティングvol2_1

 

■ AISASモデル

ウェブマーケティングvol2_2

ご紹介した購買行動分析モデルですが、なんとなく私個人の購買行動とマッチしなかった為、説明のしやすさだけの為に、私個人の購買行動モデルと照らし合わせながら、次章でご説明させて頂きます。

 

<購買行動と目標の紐づけ>

私がある商品・サービスを買うときのモデルを対象として、前回お話した”会社の売上を最大化する”という目的を達成するための目標を紐づけていきたいと思います。

ウェブマーケティングvol2_3

AIDMAモデル、AISASモデルと比較するとかなり長くなってしまいましたが、2回目以降の購買を考えないとするとAISUDAモデルとなってます。この購買行動に対して、どのような目標を当てはめることが出来るのか、またウェブマーケティング施策を落としこむことが出来るのかを図として示しました。

この他にもTwitter広告やFacebook広告などがございますが、分かりやすく説明する為に割愛させて頂きました。Google AdWordsを例にとって説明しますと、Google AdWordsは新規顧客を獲得する、また既存顧客に対してアプローチして購買を促す広告ということがお分かり頂けますでしょうか。ここでの新規ユーザーは全く会社やサービスの名前を知らないユーザーとします。既存ユーザーは、どこかで商品やサービスを見たことがある、または購入したことがあるユーザーと定義します。
その為、Google AdWordsでは効率的に新規顧客を獲得する為、様々なターゲティング手法、キーワード、広告文などをテストとして試しながら運用を行います。しかし、如何に運用が上手だったとしても、ウェブサイトがひどかったり、あまりに内容が薄いコンテンツだとユーザーの欲求を高めることが出来ないでしょう。その為、アクセス解析やウェブサイトの最適化が同時に必要になってくるという訳です。

まだウェブマーケティングを行ったことがない方は、この機会に初めてみてはいかがでしょうか。

それではまた次回!

 

シェア誘導バナー


The following two tabs change content below.
武井公也

武井公也

山梨県生まれ。慶応義塾大学卒業後、同大学大学院 理工学研究科にて流体力学を学ぶ。最終学歴は工学修士。大学院卒業後、Google株式会社に入社。SMBセールス(中小企業向け営業)メンバーとして、中小企業のビジネスの成長をGoogle AdWordsを通して支援する。在職時は営業成果が認められ、様々な賞を獲得。その後、AdWordsにおけるプロダクトスペシャリストの職を経て、2014年7月にルビーマーケティング株式会社に参画。 現在は新規事業開発部 ディレクターとして新規ビジネス開発、パートナーシップなどに従事する。 人生におけるモットーは「自分の人生は自分でコントロールできなくては面白くない」「辛いときこそ、自分に与えられた天命だと思って、乗り越えなくては気が済まない」である。

 

Webからのお問い合わせお問い合わせはこちら
記事一覧へ戻る
2015-01-22 | Posted in マーケティングNo Comments »