ルビー・マーケティング 株式会社

TEL 03-6435-1212

BLOG

Google出身ルビー・マーケティングのスタッフがオンラインマーケティングに役立つ情報を執筆中。
マーケティング全般、広告運用のこと、そしてYouTubeのことまで。今すぐ役立つ記事満載!

iCON CASTの考えるクリエイター像

iconcastLogo

 


こんにちは。

iCON CAST事業部のTAKUです。

iCON CASTもサービスローンチから早くも一ヶ月弱が経過し、クリエイターの方々にたくさんのご登録をいただくとともに、クライアント様からも多様なお問い合わせを頂いている状況を大変嬉しく思います。

これも偏にiCON CASTに興味を持っていただいた皆様のお陰でございます。この場を借りて、心から感謝申し上げます。

本日はiCON CASTチームの一員としてクリエイターサイドの業務に従事している私が、iCON CASTの考えるクリエイター像についてお話ししたいと思います。

iCON CASTにおけるクリエイターの定義

クリエイターと言うと皆さんはどんな人を思い浮かべるでしょうか?

きっと過去の私なら、手にはMacBookを持ち、スニーカーに短パンTシャツで、頭には帽子をかぶって、まるでジョンレノンを彷彿させるようなメガネをちょこっと鼻の上に乗せて、表参道のスターバックスの片隅でイラストレーターをいじっているなんて姿を思い浮かべたでしょう。
(先入観で凝り固まっていたころの私の発想なので寛容な心で受け入れて頂けると嬉しいです。笑)

しかし、私はiCON CASTのプロジェクトに参加し始めた頃、上記のような先入観を取り除くために、これからお付き合いしていくであろう「クリエイター」さんとは一体どういう人のことを指すべきなのかをゼロベースで再考しました。

クリエイターに人種や性別、年齢や宗教の違いは関係するのかといったすごく基本的なことから、「クリエイターはその仕事で生活をしている人だけを指すのか」「クリエイターとはクライアントの意向のために自らの表現に制限をかける必要があるのか」といった一筋縄ではいかない質問まで、あらゆる疑問を自分に投げかけてみました。

その中で到達した答えは「人に何かを伝えたいという情熱をもち、自分だけの”なにか”を創造するする全ての人」という定義だったのです。
(アーティストとクリエイターの違いという議論はもちろん存在しますが、ここでは省略させていただきます)

この定義で考えると、YouTube上で動画を作成する学生や社会人の方も、ブログで自分の意見を述べる主婦の方も、インスタグラムにこだわりの写真をアップするOLの方も皆「クリエイター」となります。

様々の想いを巡らせて到達したこの定義ですが、こう考えた理由としては創作者をめぐる環境が情報革命によって大きく変化したことがあげられます。

つまり、現在の社会ではSNSや発信プラットフォーム(YouTube等)が登場し、一人一人の発信者の力が強くなってきています。

少し前まではTVや雑誌、新聞などに露出できる知名度のある著名人だけが発信できていたものが、今では私を含め多くの「普通の人」が自分の表現を発信することのできる環境が整いました。

私はこの社会的流れが個人的に大好きです。

ユニークな表現とそれを構築する価値観がぶつかり合い、互いに刺激し合うという、一見混沌にも見えるそんな状況だからこそ、ワクワクする”何か”が生まれる気がするからです。

 

クリエイターさんの活動を少しでもサポートしたい

クリエイターサイドの業務に従事する私は、そんな「ワクワクする世界」を創造しようと日々活動するクリエイターの皆さんの活動を少しでもサポートできればという一心から、現在iCON CASTの運営・グロースハックに励んでいます。

「より高度な制作活動をするために設備投資したいが金銭的に難しい」「いろいろな動画制作をして経験を積みたいが、テーマや案件がない」といった創作意欲や才能のように本質的な課題とは関係のない「問題」で、クリエイターさんが創作活動を諦めることのない世界をiCON CASTを通して作ることができればと考えています。

そして多様な原石の中から光り輝く宝石が生まれ、その宝石が日本の中で、日本から世界に、世界から日本にボーダーを超えて活躍する世界を実現したいと思います。

最後までお付き合いいただき本当にありがとうございます。

引き続き、ルビー・マーケティングとiCON CASTを宜しくお願い致します。

 


本ブログで定期的に iCON CAST や海外のYouTuber 関連ニュース、また施策事例等もご紹介していきたいと思いますので、引き続き宜しくお願いいたします。


iCON CAST


The following two tabs change content below.
TAKU

TAKU

靴、本、映画、音楽を愛しています。LOVEです。自分の趣味に関連することや、斬新でイノベーティブな製品やサービス、オンラインマーケティング、コンテンツマーケティングといった分野の記事を書かせて頂きます。

 

Webからのお問い合わせお問い合わせはこちら
記事一覧へ戻る
2015-02-25 | Posted in YouTuberNo Comments »