ルビー・マーケティング 株式会社

TEL

中小企業が抱える課題


現在、中小企業様がオンラインマーケティングを展開する上で以下の2通りのパターンが考えられます。

  • 運用代理店に委託していない場合
  • 運用代理店に委託している場合

ここでは、それぞれのパターン毎に起こりやすい課題について整理します。

 

 
【運用代理店に委託していない場合】

マーケティングの担当者が大きな責務を負っている場合が多く見られます。

特に、中小企業様はリソースの不足もあるため、オンラインマーケティングの経験が浅かったとしても担当者に関連業務(マーケティング施策の策定・実行・運用)を一任せざる得ない状況があります。

この状況ではご担当者様への負担が大きくなりパフォーマンスを発揮することができないと同時に、ノウハウの蓄積や社内共有を行うこともままなりません。

マーケティング担当者とマネジメントの不安と課題
マーケティング担当者の不安・課題と会社が被る不利益

 

 
【運用代理店に委託している場合】

現在の運用代理店はオンラインマーケティング市場が活発化したことにより、案件数が拡大し、大規模化しています。

一人のコンサルタントが抱えるアカウント数(お客様の数)は50とも60とも言われており、実際のところ集中してリソースを割くことのできるアカウントは広告予算の大きい大企業に絞られてしまいます。

この状況では下図にもある通り、大きなオンライン広告予算を有する一部の企業様以外に対しては大きくリソースを割くことができず十分なサービスを受けられない企業様も多数存在します。

中小企業が抱える課題
代理店のターゲットとサービスの特徴

 

事業概要メニュー